アウトドア好きの人必見!キャンプ用品の収納について知っておきたい基本をご紹介します

このサイトでは、キャンプ道具についていろいろと悩みを抱えている人に片付け方の基本や豆知識を紹介します。
テントをはじめ、アウトドア用品は大きなサイズのものもたくさんあります。
道具を揃えて野外で泊まったりバーベキューをしたりと楽しみたくても、置き場がないことにはどうしようもありません。
そこでサイズが大きい道具の仕舞い方をいろいろとお伝えします。
またアイテムを収納ボックスに上手に片付けることのメリットもお話するので、参考にしてください。

アウトドア好きの人必見!キャンプ用品の収納について知っておきたい基本をご紹介します

アウトドアを満喫するには、小さいものから大きなものまでさまざまなキャンプ用品が必要です。
一戸建ての場合はキャンプ用品を収納する場所を1室作ることで、趣味の部屋にもなりますし道具が片付いてすっきりします。
おすすめは、ガレージをリフォームする方法です。
ビルドインガレージのようなスタイルにすれば、さまざまなキャンプ用品を仕舞うことができて便利です。
使っていないガレージがあるなら、思い切ってアウトドア用の収納部屋にしてしまいましょう。

キャンプ道具は収納ボックスを活用して上手に整理整頓を!

キャンプに行くのは楽しみですが、準備をするのは少し億劫だということもあるのではないでしょうか。
またキャンプ初心者は、何を準備していいのかわからず、ついついそろえる荷物が多くなりがちです。
さらに、キャンプを計画立てたのはいいけれど、あまり準備期間が持てないことも多いのではないでしょうか。
そのような時こそ使いたいのが収納ボックスです。
何より整理整頓できるというのが一番のメリットですね。
キャンプで使用するのは、大きな物もありますが、小さな細々した物もあります。
それをうまく整理しないと、荷物の中でごちゃごちゃになってしまい、いざ使うときにどこにあるのかわからないということもよくあります。
楽しく楽しむためには事前準備が重要です。
いかに効率よく楽しむためには、どんな準備が必要になるかを考え、荷物のパッキングをすることが大切なのです。
そこでお勧めなのが収納ボックスなのです。
荷物に合わせたサイズを利用して、上手にパッキングしましょうね。

マンション住まいの場合のキャンプの収納方法

キャンプが好きな人にとって、キャンプギアを買い揃えていくのも楽しいものです。
しかし物がどんどん増えれば、次は収納場所に困ります。
戸建ての家の場合は、室内も広く外に物を気を設置することも可能ですが、狭いマンション住まいの場合はどのように保管をすればよいのでしょうか。
まずは室内に専用のラックをお手、その上に置いておくという方法です。
キャンプギアはそろえていくと重量が大きくなってくるので、できればスチール製の頑丈なラックを選ぶことが勧められます。
テントなどはコンテナや大きなバッグに入れて、その上に細かいものを収納するようにします。
またクローゼットに余地があるなら、空いているスペースをキャンプ用品の置き場所にするという方法もあります。
ベランダに置くという方法もありますが、ほとんどのマンションではベランダに大きいものや重いものを置いてはいけないことになっているので、よほどスペースがあるところしか置くことができません。
もし室内や広いベランダに置くことができないなら、トランクルームを活用するという方法もあります。
月が苦慮菌が必要で、使いたいときに取りに行かなければいけませんが、日常生活に影響を及ぼすことはありません。

キャンプアイテムを収納するときに気を付けるべき留意点

自然に親しみながら屋外で寝泊まりするキャンプは、日常から離れてリフレッシュするのに最適です。
ソロキャンプも人気となっています。
しかし欲しいギアが多過ぎて、いつの間にかキャンプ用品が部屋を占領していませんか。
上手に収納できていないと、ギアが傷んだり使いたいときに見つからなかったりします。
キャンプ用品を収納するときに気をつけるべき留意点の1つは、小さなギアが散逸しないようにすることです。
調理用品、たき火用品などのように用途ごとに分けてしまうと、必要なものをすぐにとり出せるようになります。
調理用品のような特に小さなものは、ケースに入れてまとめてしまいましょう。
上に重ねると見つけにくくとり出しにくくなるので、立てて収納することがポイントです。
隙間をなくすと、移動の際に破損するのを防げます。
無理な場合は、タオルなどを詰めましょう。
そのあとで大きなコンテナに入れれて定位置に置けば、運びやすく次回もそのまま車に積み込むことができます。

収納に困らないキャンプアイテムを探そう!

快適にキャンプをするためには、とてもたくさんのアイテムが必要になってきます。
テントやテーブル・チェア・照明・食器類・寝袋・断熱シート・虫よけスプレー等々、じつに様々なものが必要で、それら全部を車に積み込んでみたら、とんでもない容量になって驚いたなんてことも、キャンプ初心者にはよくあります。
あまりにもキャンプの荷物がかさばると、ちょっとウンザリしてしまいますから、なるべくコンパクトに収納できるアイテムを探すのがおすすめです。
そのためには、小さく折り畳める道具を選ぶのが一つのコツです。
例えば、キャンプにあると便利なのがバケツですが、ポリバケツを持っていくと、かなり容量を取って邪魔になります。
小さく折り畳めるタイプのものが市販されていますから、それを使った方がいいでしょう。
食器なども、なるべく入れ子にしてコンパクトに収納できるようなものを選ぶのがおすすめです。
テントも不必要に大きなものを持っていかずに、身の丈に合ったものを選択しましょう。

キャンプに関する情報サイト
キャンプ道具は賢く収納を!

このサイトでは、キャンプ道具についていろいろと悩みを抱えている人に片付け方の基本や豆知識を紹介します。テントをはじめ、アウトドア用品は大きなサイズのものもたくさんあります。道具を揃えて野外で泊まったりバーベキューをしたりと楽しみたくても、置き場がないことにはどうしようもありません。そこでサイズが大きい道具の仕舞い方をいろいろとお伝えします。またアイテムを収納ボックスに上手に片付けることのメリットもお話するので、参考にしてください。

Search